社会人なら常識「冠婚葬祭」のマナー

社会人として生活をしていく中では「冠婚葬祭」の場に出席する機会も出てきます。例えば同僚の結婚式や、親族の葬儀の場など、冠婚葬祭の場として押さえておくべきマナーは少なくありません。

それでは冠婚葬祭のマナーとして特に重要視したいものは何かというと、それが「冠婚葬祭の服装」です。冠婚葬祭の場ではほとんどの場合、多くの人が一堂に会して儀式に参列することとなります。

これは結婚式でも葬儀でも変わることはなく、そうした場に参列する以上は最低限のマナーとして「場にそぐった服装」を意識しなくてはなりません。

喜んでもらえるお祝いを贈るように

まず冠婚葬祭のうち「祝いの席」である結婚式においては、男性であればダークスーツかブラックスーツ、女性であれば露出をある程度抑えたドレスが基本になります。ただし女性の場合はドレスの色に特に注意をする必要があり、中でも白は「花嫁の色」ですから、御法度です。
明らかに白色に見えるドレスはもちろんのこと、写真撮影の際の光の加減で白色に見えることがあるというようなドレスも、なるべくであれば避けるべきです。

また冠婚葬祭の場に出席するという際には「貸衣装屋」を利用する人も出てきますが、時として貸衣装屋では「価格の高い豪奢な衣装」を勧めてくることがあります。一見すると貸衣装屋は冠婚葬祭のプロであるわけですからお勧めに間違いはないようにも見えますが、実際には花嫁よりも豪奢な衣装を着ることはあまり好まれることではありません。

花嫁がどういった衣装を着るのかということが事前に分かっている場合を除き、なるべく派手さを抑えた衣装を選ぶのが無難となります。

ホームページがある方がいい時代に

次に葬儀の場においての衣装ですが、これは基本的に「黒色」が重要となります。

男性であればブラックスーツ、女性であればブラックスーツか黒のワンピースが基本となるでしょう。基本的にはスーツショップなどで販売されている「礼服」をベースとして、ネクタイを黒色にするなどの気配りをすれば問題はありません。

ただしかし、これはあくまでも「葬儀」という場においてのマナーです。葬儀の前には「通夜」が行われますが、この通夜という場にこうした礼服を着ていくことは却って失礼にあたることもあります。

訳あり物件でも買取する

しっかりとした礼服で行くということが「故人が亡くなるのを待っていた」というようにも見えてしまうからです。

最近の冠婚葬祭のマナーだとそこまで気にする必要はないとされる場合も少なくはないのですが、原則として通夜の場はダークスーツなどの「礼服ではないフォーマルな服装」が求められますから、特に注意をしておきましょう。

冠婚葬祭においては相手を祝ったり、冥福を祈ったりする気持ちが何よりも重要になりますが、それと同列にマナーも大切にしたいものです。

突然必要になってあわてるということのないように、基本的な部分は一般常識として押さえておきましょう。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・