誰がみても常識人になるべき

冠婚葬祭の場合、そこに出席する場合は何よりも常識人として出向くことを基本としなければなりません。例えばお葬式の場合ですが、テレビによく出演していた著名人がなくなった際、ゆかりの芸能人が参列している光景が報道されることがあります。こういった場面でも普段はお茶の間に笑いを提供しているお笑い芸人ですら、沈痛な面持ちで常識人となって参列しているのです。終わった後に故人との思い出話を報道陣から質問された場合も、決して笑顔を作ることなく、故人との関係を懐かしがって話をしたりします。この例のように、社会人として常識人の振る舞いを要求する場面がありますので、これから大人になる人は認識しておくと良いでしょう。また、こういった場合、服装もほぼ決まっています。参列者は黒の喪服を着用して行くのが礼儀です。稀にプロ野球選手などがユニホームで参列しているシーン等を見る機会もありますが、故人がそういったスポーツのチームのオーナーであった場合に団体でそのような服装でという例はあります。しかし、一般人の場合は喪服で行くのが常識人としてのマナーなのです。また、故人の関係者に話しかけるなどの行為も極力避けた方が無難です。身内がなくなった直後にお葬式はとり行われますので、身内として気持ちの整理がつかない状態の場合が多いのです、従って故人と仕事や学生時代の繋がり等で深い関係であったような場合でも、お葬式の場では相手の立場に立って行動するといった配慮が常識人として必要となる訳です。後日、身内の方も日にちが経って落ち着けばお葬式に来てくれた方々に改めてお礼をしてこられますので、その際の様子を見て故人との思い出を話したり、お悔やみの言葉をかけて身内の方を元気づけてあげればよいのです。また、結婚式の場合も同様に常識人の振る舞いを心がけておきたいものです。こちらはおめでたい席なのでそういったことを忘れることもありますが、あくまでも主役の新郎新婦を祝福するといったことを一番に考えて行動することが求められるのです。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・