自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが、社会の中では本当に当たり前のように起こります。 それに対して、上手に対応していくのが自分の成長になります。 我慢ではなく、社会のルールを自分で感じていくことで大人の意味がわかってきます。 子供のように、こちらに非がなくても、頭を下げないといけない場面も何度もあります。 それに対して、受け流すことを覚えていくことも大切です。 この日本という社会で、生きていくためにはルールを作るのはこの周囲になります。 ただ、それに流されて生きていくことも一つの方法です。 そして、そこで立ち止まり違う流れにいくこともまた選択になります。 大人になると、毎日が選択の連続です。 その中では、しっかりとした自分がいないとただ、何も残らない人生になります。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・