服装と身だしなみは基本!

冠婚葬祭の場に出席するというような場合には必ずマナーを理解している必要があります。 マナーがわからないままに冠婚葬祭の場に出席をしてしまうと恥をかいてしまうことになりますし、それ以前に主催者に対して大変失礼な行いとなってしまいます。 さて、そうしたマナーとして学んでおきたいことは数多くありますが、最も重要になるポイントとなるのが「服装と身だしなみ」です。 どちらも大切な物となりますが、出来れば先に考えてほしいのが「服装」です。 例えば結婚式の場合には男性であればダークスーツやブラックスーツといったような服装が基本となりますし、女性は白以外の色をしたドレスが基本です。 男性については皺のついていないスーツで、汚れのない白いシャツと、靴ひもが付いた黒いストレートチップのシューズを履けばほとんどの場合問題はありません。 ただ女性の場合は服装として注意したい部分が比較的多く、色以外にも丈の長さや素材にも注意が必要です。 夜の披露宴であれば多少露出度が高くても問題はないとされますが、結婚式という場においては新婦よりも目立つのはご法度です。 また結婚式は「お祝い事」の席であるために「殺生」を想起させる毛皮素材、革素材の衣装も避けるべきです。 特にリアルファーにしろフェイクファーにしろ、食事の場で毛皮から毛が抜けてしまうと衛生的にも問題がありますから、毛皮についてはなるべく避けるようにしましょう。 服装を最初に考えなくてはならないのは、ここが最も「ごまかしがきかない」部分だからです。 貸衣装屋で借りるにしろ、自分で購入するにしろ、会場についてから着替えるということはできません。 そのため、事前に「相応しい服装」をしっかり知っている必要があるのです。 次に身だしなみについてですがこれは何よりも「清潔感」を重視するべきです。 特に若い人だと髪の毛を固めたり、持ち上げたりするようなヘアスタイルをしている人がいますが、それで新郎新婦より目立ってしまったり、下品だと思われるような髪型については控えるべきです。 多少ならお洒落なヘアスタイルにしても良いのですが、「目上の人に会う」というような気持ちで身だしなみを整えることが重要です。 服はアイロンやプレスで皺を取り、靴についても会場に行く前にしっかり磨いておきましょう。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・