派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては真っ白な服を控え、丈は膝丈に抑えるなど、派手にならない配慮が必要ですが、地味すぎる格好でもあまり好ましくありませんので、常識を弁えた服装が望ましいです。アクセサリーはパール、ストッキングは肌の色に近いベージュ系が良いでしょう。 通夜・告別式に参列する場合、派手なのは好ましくありません。仮通夜は急な連絡で駆け付けることが多いと思われますので、地味なものであれば平服で問題ありません。通夜・葬儀・告別式の場合は急でない場合は、ブラックフォーマルを着用して参列するのが基本です。また、光沢のあるアクセサリーやネイルは厳禁です。冬場であればコートを着用していくことになりますが、殺生を連想させる革製のものや毛皮のコートなどは避けて失礼の無いようにすることが大事です。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・