結婚式での行為は合っているか

結婚式は、結婚する当事者の二人だけではなく、参列する人たちにとっても非常に嬉しいイベントです。人は誰でも、他の人が幸せそうな様子をしているのを見ると、自分まで幸福な気持ちになってしまうものです。それが、親しい親戚や友人知人であれば、幸福感はより一層高まることでしょう。披露宴に出席するということは、いわば結婚するカップルから幸せのおすそ分けをもらっているようなものだと言えます。ですが、人はあまりに幸福感が高まると、時として突拍子もない行為に及んでしまうことがあるものです。日常生活では感じることのない、高揚した精神状態が、常識や常日頃の判断基準を狂わせてしまうためでしょう。実際に、結婚式に参列した人のエピソードには、こんなことをしてしまったのか、と思わず頭を抱えてしまうようなものが少なくありません。よくある事例では、結婚式のスピーチを一人で何分も続ける人がいます。極端なケースでは、十分以上も延々と話し続ける人もいるほどです。このような人は、よほどその結婚が嬉しく、自分の気持ちをどんなに語っても語り尽くせないのでしょう。しかし、本人は自分の思いの丈をぶちまけて満足であっても、それを聞かされる周りの人間にとってはとんだ迷惑です。また、新郎新婦が各テーブルにご挨拶をする時に、長々と引きとめて話しこむ人も見受けられます。これも、傍から見れば不快な行為でしかありません。挨拶の際には、簡潔にお祝いの言葉を述べて、速やかに新郎新婦を送り出しましょう。結婚式の参列者は自分一人ではないということをわきまえて、新郎新婦だけではなく、他の参列者のことも気遣うことが、社会人として当然のマナーです。また、新郎新婦の友人たちが羽目を外して馬鹿騒ぎをするのも冠婚葬祭の場にふさわしい行為とは言えません。結婚式は決して自己満足の場ではないということを弁えて、新生活を始めるカップルの門出にふさわしい祝宴となるように配慮しましょう。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・