見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも、弱い部分やずるい部分があります。 もちろん正しく行動することが多いものです。 しかし、よく魔が差したという言葉があるように普段ならしない行動をすることもあります。 いつも誰かが、見ていると考えていると悪いことはできないものです。 本当は、誰も見ていなくても正しい行動をすること大人としては当然です。 しかし、人間は神様のようにいつも清い心ではいられないときがある生き物です。 大人なら、社会のルールを守りマナーもキチンとしていきたいものです。 同じ大人でも、真似をしたくないような行動をする人も悲しいけれど存在しています。 自分も誰かを無意識で見ていることがあります。 なりたい大人になることは、難しいことです。 でも、自分でこれだけは守りたいと思う気持ちは裏切ることはできません。

詳細ページ一覧

騒ぎすぎるのも

社会人としての生活が始まると避けて通れないのが冠婚葬祭です。それまでは親や学校の人などと一緒に参列していたため、実際にその時が来るとどのようにすればいいのわからない・・・

派手な格好なメイクは

冠婚葬祭で派手な格好やメイクはしないというのが基本的なマナーです。 結婚式でいえば、新郎新婦よりも目立つ格好をするのは相応しくありませんので避けるべきです。女性に関しては・・・

見られてないようで、見られてる

普段何気なく、毎日を暮らしています。 一人で歩いている時や、何かをしているときも誰も見ていないと感じていますが見ている人がいるものです。 人間は誰でも・・・

自分ルールを作らない

子供や学生の頃と違い、社会にでると今までとは違うルールに出会うことがあります。 自分では、納得できなくてもそれをしていかないと仕事が出来ない場合がほとんどです。 理不尽なことが多いのが・・・